【リネット】宅配クリーニングでワイシャツを依頼してみました

まなつ
宅配クリーニング最大手の「リネット」でカラーのワイシャツを3枚依頼してみました。その体験レポートです。最初に結論をお話しておくと「ちょっと残念」というのが率直な感想です。特に仕上がり・品質面においてはリナビスに大きく劣ります。しかしスピードについては間違いなくNo.1だと評価できるため、どちらを重視するかでまた評価がわかれるところだと思います。
かずみ店員
リナビスは様々なメディアで紹介され、今や宅配クリーニングの最大手とも言われるほどですが、肝心の「クリーニングの質」というところで、悪い口コミが目立つような印象を受けます。

リネットの特徴・リネットに向いている方

  1. クリーニングのスピードを重視する方
  2. ワイシャツなどの軽量衣類を頻繁に出される方
  3. 自由に受け渡しをしたい方・一人暮らしの方(24時間コンビニ持ち込み可能)
  4. 様々な衣類を依頼したい方(毛革やレザーなど対応衣類が多い)
  5. 継続的にリネットを利用していく予定がある方
かずみ店員
リネットは、軽量衣類を継続的に利用していく方に大きくメリットがある宅配クリーニングです。後述しますが、リネットは月額300円の「プレミアム会員」にならないと全くと言っていいほど利用価値がありません。しかしワイシャツ一点あたりの料金が業界最安値なので、特に毎日ワイシャツに袖を通すサラリーマンの旦那さんが居る方、一人暮らしの方に嬉しいサービスが色々揃っています。
まなつ
確かに安いんだけど、ブランド物のワイシャツだったり、ネルシャツ・カラーシャツだと意外と料金がかさんでしまうのよね。しかもそれがクリーニングに出す前じゃなくて、出した後にリネット側から請求されるから、料金が「明瞭のようで明瞭でない」のが不満かしら。

また、「デラックス仕上げ」というのも意味不明…。普通の仕上げだと手を抜いていますってこと??と突っ込みたくなってしまいます。

加えて、仕上がりに満足いかない場合は、無料のオプションで「再仕上げ」を依頼することもできるんです。だったらこのデラックス仕上げの存在意義ってなに?最初からきれいに仕上げてよ!と感じてしまいますよね。

またこのデラックス仕上げを依頼すると、+500円かかり、シャツ類にそれを加算すると約2倍の料金がかかることになります。オプションを付け過ぎたり、特殊な洋服を頼むとき、また仕上がりを望む場合にはリネットはあまり向かず割高となってしまいます。

→リネットの詳細はこちら

リネットでカラーのワイシャツを依頼してみました

集荷手続きをネットで行い、集荷日を設定することができます。プレミアム会員になるとヤマトの集荷担当の方がダンボールも持ってきてくれるため、こちらは衣類を畳んで用意しておくだけで構いません。なお、設定した集荷日に衣類を受け渡すことができなくなった場合は変更も可能です。

リネットの集荷当日に変更・キャンセルすることはできますか?

2017.03.31

旦那はビジネスカジュアル系の会社に勤めているため、こうしたカラーシャツをよく着用します。プレミアム会員であれば、最短2日で仕上げ、自宅まで配達してくれます。とにかくスピードについては宅配クリーニング随一のものを持っているため、そこを最重要点とする方にとってリネットは大きな味方となります。

ただ、その仕上がりについては「・・・」と感じるところがありました。配達されたものを見ていきましょう。

私の主婦歴上の実感ですが、自分が手洗いをしてアイロンをかけたほうがまだきれいにできるのではないか?と感じる仕上がりです。特に三枚目のシャツについては細かいシワも目立ちます。

糊付け等は一切されていないため、どのシャツもふにゃふにゃ・ヨレヨレです。例えば、品質に定評があるリナビスの場合は、どんなカラーシャツもパリッとした仕上がりで届けてくれます。

これはリナビスでお願いしたカラーシャツ。写真でもその出来栄えが明らかです。

確かにきれいですし、1枚あたり410円というのは嬉しい価格です。忙しい方からしたらこの仕上がりでも十分と感じる方も多いかもしれませんが、「自分でもできるレベル・品質」のものにお金を払っていることに何だか腑に落ちないところがありました。それに対してリナビスの場合は、明らかに自分ではできない、プロ・職人技だなと感じるので価値を感じます。

例えばそれは配送の細かな気遣いでも感じることができます。↑の画像はリナビスです。衣類1枚1枚の間に緩衝材が挟まれていて、シワにならないように考えられています。しかしリネットの場合はダンボールに直接放り込まれているだけなので、配達段階でシワができてしまいます。

これは私が神経質なだけかもしれませんし、一人暮らしでそもそも時間がなく安く抑さえたい方、共働きで何かと忙しい方にはリネットは嬉しいサービスです。コンビニで24時間宅配クリーニングを出すことも可能です。明らかにリネットとリナビスでは住み分けがされているので、自分自身の生活環境と照らして比較してみるといいでしょう。少なくとも、専業主婦でスピードではなく品質を重視したい私みたいな方は適さないと思いますよ。

またこれだけは言えるのは、ブランド物や丁寧に扱いたい衣類についてはリネットはおすすめできません。着用機会が多く、頻繁に回していく衣類についてリネットは有効です。月額300円のプレミアム会員にならないとほとんどのサービスが受けられない点もあまり印象がよくありません。個人のクリーニング店でそんなことをしている店はありませんしね。

宅配クリーニング大手3社サービス比較表

リナビス リネット せんたく便
5点料金 4900円 ※全て単品価格 3879円
1点あたり 980円 120円~ 775円
リピート 3000~4600円
※ポイント・リピート割・クーポンが利用できます
※全て単品価格 3879円
送料 無料 1900円以上で無料(プレミアム)
3000円以上で無料(通常)
無料
スピード 最短5日仕上げ 最短2日(プレミアム)
最短5日(通常)
最短5日仕上げ
良い点 ・他社で有料オプションになるものが無料で受けられる
・ダウンやコートなどの重量衣類や高級衣類も全て定額料金
・リピートすればするほど安くなる
・会員数限定なので品質は業界一
・Yシャツなどの軽量衣類は業界最安値
・1点からでもクリーニングに出すことができる
・毛皮や革製品、高級獣毛の取り扱っている
・セット料金は業界最安値
・重量衣類も詰め放題
悪い点 ・会員上限が決まっているため時期によって申し込めないときがある
・Yシャツなどの軽量衣類だと1点あたりの料金が高くなる
・月額300円のプレミアム会員にならないとメリットがあまり無い
・ダウンやスーツなど重量衣類が高額
・料金形態が不明瞭
・仕上がりに難あり、機械的
・創業間もない
・安価だが仕上がりに難あり
HP
かずみ店員
何度も繰り返しになりますが、リネットで宅配クリーニングを依頼する場合、「何を目的にしているのか?」について把握しないと損をする機会が増えます。良い口コミともとれないものが多いのもそれが原因でしょう。

記事をシェアしよう