【梅雨も快適に】レインコートやポンチョの洗濯・お手入れ方法

えりか
子供の通園とか雨の日の送り迎えにレインコートは必須よね。でも梅雨の時期なんかは変な臭いが気にならない?一応使って乾燥させてからしまうようにしているけど臭くなることが多いのよね。
まなつ
え?乾燥させるだけで洗濯はしていないの?雨が続くとカビが生えることもあるのよ!臭いが気になるなら尚更こまめに洗濯しなきゃ。
かずみ店員
レインコートやポンチョのお手入れとして乾燥させておけば大丈夫と思っている方も多いのですが、そのお手入れでは劣化の原因にもなります。雨はチリや埃が含まれていて決して綺麗なものではありません。泥の跳ね返りもあり汚れが蓄積されて撥水機能が低下してしまいます。機能性重視のレインコートを長く使いたいのであれば洗濯やメンテナンスは欠かせませんよ。

雨上がりに乾燥させるだけでは劣化の原因となる

これから梅雨の時期に突入しますが、交通手段に自転車を使う方にとってはレインコートやポンチョなど欠かせないアイテムとなりますよね。中には、使用後に濡れているのも気にせずにしまう方もいるようですが、それでは生地に負担もかかりカビや菌の繁殖を促し臭いの元を作っているようなものです。

レインコートに雨が付着したまま放置すると、汚れや摩擦により表面繊維が乱れ通気性が悪くなったり撥水加工が落ちて水を弾きにくくなってしまいます。レインコートを着ていたのに、脱いでみたら内側が蒸れている気がする、湿っているなんて経験ありませんか?それがまさにレインコートの性能が低下している証拠ですよ。

製品によっては洗濯不可で、使用後は水気を拭き取り乾燥のみという商品もあるので洗濯表示をよく確認してからお手入れを行いましょう。

レインコート・ポンチョのお手入れ方法

【レインコートを洗うポイント】

  • 製品によって異なるので洗濯表示を確認。
  • レインコートなどは通水性がないため洗剤が落ちにくく、洗剤が残ってしまうと生地を傷める原因となるのですすぎは2回と多めにしよく洗い流す。
  • 洗濯機を使用する際は、すすぎまでで終える。レインコートのみの脱水などは特に脱水時の水抜けが悪くなり洗濯機自体の故障、レインコート自体にかかる負担も大きくなるため使用しない。
  • 粉の洗剤や漂白剤は、液体よりも洗浄力が高いが、洗剤が落ちにくくなるため液体を使用する。

【洗濯機で洗う手順】

  1. 汚れが気になる部分には中性洗剤を染み込ませておく。
  2. 洗濯ネットにたたんで入れる(収納タイプの帽子などは出す)。
  3. 洗濯表示に合わせてすすぎまで洗濯。
  4. すすぎが完了したらタオルで水気を拭き取る。
  5. レインコートは紫外線に弱い素材が多いため風通しのいい場所で影干し。

【手洗いの手順】

  1. ぬるま湯を使用して洗面台などに溜め中性洗剤を適量溶かす。
  2. レインコートを入れて、広げたり戻したりを繰り返してアコーディオン洗いや振り洗いで優しく洗う。
  3. 水を数回入れ替えてよくすすぐ。
  4. 干し方などは洗濯機使用と同じ。
かずみ店員
カビてしまったり、嫌な臭いが染み付いてしまった場合にも捨てる必要はありません。酸素系漂白剤を使うことで再び使用可能ですので諦めず試してみましょう!

【カビや臭いを取る方法】

  1. カビた場合は液体酸素系漂白剤を使用し殺菌。
    酸素系ならば柄・色ものでも色落ちの心配はありません。酸素系漂白剤の過酸化ナトリウムは40度ほどのぬるま湯で使用しないと効果を発揮するのでぬるま湯で行う。
  2. 適量溶かしたらレインコートを入れて、カビ部分をいらないブラシなどで擦り洗いして落とす。
  3. 臭い取りにも効果的なので、カビなど汚れがひどい場合には30分程度浸け置きして洗う。
  4. よくすすぎ、必要なら洗濯し干す。

撥水機能が低下したときの裏技

レインコートは使っているうちにどうしても撥水性は落ちてしまいます。そこで試して頂きたいのは、熱を加えて撒水機能を復活させる裏技です。

レインコートの撥水が上手にできているときは、繊維が整列している状態ですが、摩擦や汚れなどで繊維が乱れると水を弾きにくくなります。そこで熱を加えることで繊維を正しく整列させ撥水効果を蘇らせることができます。

脱水は使用しない方がいいのですが、乾燥機ドライヤー、当て布をしながらのアイロンは効果的です。折り目がついてしまうとその部分から劣化を早めてしまうので、折り目をつけないように気をつけましょう。

それでも復活しない場合は加工剤自体落ちているので、洗濯後に再度撥水スプレーを使用したり、浸け込みタイプの撥水剤を使用してから風通しのいい日陰で乾燥させて撥水処理を行ってください。

記事をシェアしよう