布団の収納どうしてる?一人暮らし・ワンルームの布団収納術

えりか
アパート住まいだった頃、小さいクローゼットが一つしかなくて布団の収納に本当に困ったわ。結婚後は収納面を重視して物件選びをしたから今はストレスなし。
まなつ
布団ってかさばるから収納に本当困るのよね。うちは収納できるベットを使ったり、使わない季節ものや来客用寝具は圧縮袋にいれて収納しているわ!もちろんしっかり天日干しして乾燥させてからね。
かずみ店員
そろそろ新生活がスタートする時期なので一人暮らしを開始するのにワンルームを検討している方も多いのではないでしょうか?しかし、いざ生活してみると収納場所の少なさ、自分の「モノ」の量に驚かされることもしばしば。そこで今回は、困りがちな布団の賢い収納術をご紹介します!

収納スペース付きベッドでデッドスペースを有効活用

狭いワンルーム、布団にするかベッドにするか悩みますよね。床がフローリングの場合、直に布団やマットレスを敷くとカビが生えたり、出しっぱなしにすると見栄えも悪くなってしまいます。

それならば、ベッド丸ごと収納スペースにしてしまうのはいかがでしょうか?

布団をしまったり出したりする手間を省くことができ、冬用の寝具やこたつ布団、来客用布団の収納だって可能です。収納ベッドを選ぶときは、マットレスにカビが生えないよう湿気対策として「すのこ式」や「除湿シート」を選び使用するようにしましょう。

ベッドは圧迫感があって嫌!そんな時は、収納スペース付きや折りたたみ式、引き出し伸長式ソファベッドもあります。寝ない時はソファにもなり収納も付いているので、急な来客時でもパパッと掛け布団など収納でき、リラックススペースに早変わりです。

今話題!見せてしまう布団収納ケース

空間を有効活用するために、ソファやベッドは置きたくない。そんな方には今話題の見せてしまえる布団収納ケースがおすすめです。

掛け布団はくるくる丸めて背もたれに、敷き布団はカバーをかけてプチソファとして利用でき、見た目が可愛いことから人気が出てきています。キャラカバーもあるので、お子さんがいる家庭も喜ぶこと間違いなしですね!

布団のかさばりは布団用圧縮袋で解決

シーズンオフとなった寝具はしっかりと天日干し・乾燥機にかけたのちに圧縮袋に入れればコンパクトに収納することが可能です。

その際は、湿気取り剤を入れておくとカビや虫の被害が出にくくなります。押し入れやクローゼットに収納する時は、立て掛けてしまえる伸縮棒やすのこを敷いてしまうことが効果的です。ただ良質なダウンを使った羽毛布団の場合、圧縮袋によって弾力や保温感を失わせてしまうこともあります。

お布団屋さんも圧縮袋の使用はあまり推奨していないので、便利の代償を理解した上で行うようにしてくださいね。

記事をシェアしよう