布団はどれくらいの頻度で洗濯しますか?干すだけ?

えりか
布団って干しているだけで良いのかしら?布団に目立った汚れがないから1年以上洗っていないのよね。
まなつ
私の家では年に1回布団をクリーニングに出しているわ。それに必ず布団を毎週末干すようにしているの。週に一度は干さないと布団が湿気でふんわりしないのよね。
かずみ店員
布団は洗い過ぎても良くありませんが、素材に関わらず1年に1回洗濯するべきです。洗濯する場合の一番良い方法はもちろんクリーニングに出すことですが、水洗いできるものは自宅やコインランドリーを利用しても構いません。

布団を洗濯する頻度は1年に1回

布団のメンテナンスというと「干すだけ」で済ませている方が多いと思いますが、1年に1回は洗濯又はクリーニングに出し中綿まで綺麗に手入れするべきです。干すだけでは布団の中のダニの死骸や汚れが落ち切れません。

水洗いできる布団は自宅やコインランドリーで洗濯

布団はどんな素材でも洗い過ぎると傷んでしまい弾力がなくなってしまいます。

しかし干すだけでは湿気が取り除かれるだけで、中綿に汚れが残ったままとなり衛生面を考えると正しい手入れの方法とは言えません。自宅では布団を浴槽の水に浸けて踏み洗い、コインランドリーでは洗濯機に入れて水洗いして汚れを取り除きます。

なお洗濯する時期はまだ日差しが強く花粉も飛ばない9月~10月がおすすめです。夏場だと大量に汗をかいてしまうため、洗ってもすぐ布団が汚れてしまいます。

布団素材別干し時間

中綿の素材 干す頻度 干す時間(片側)
綿 週2回 1~2時間
化学繊維 週1回 30分~1時間
羊毛 月1~2回 1.5時間(日陰)
羽毛 月1回 30分(日陰)

綿は干す頻度が多い

綿は保温性と通気性のどちらにも優れていてオールシーズン使える素材です。しかし湿度を保ちやすくダニの繁殖に貢献してしまうため頻繁に干さないといけません。乾きも遅く汗を吸収しやすいため弾力を保つのが難しい(耐久性が低い)素材です。

化学繊維は汚れやすい

化学繊維は水洗いしやすく干す時間も綿より早く済みます。また水洗い可能なので汚れても自宅やコインランドリーで洗え、かつ布団の中でも安価な素材として知られています。しかし天然繊維に比べて保温性が低く、静電気を起こしやすい特徴があります。

羊毛や羽毛は動物性アレルギーを起こすことがある

羊毛や羽毛は綿や化学繊維に比べて干す頻度が少なく済みます。ただ日に当てると日焼けして傷んでしまうので日陰干しにしてください。また動物の毛を使っているため、人によってはアレルギー反応が出ることもあります。特に羽毛は保温性・通気性・放湿性に非常に優れていますが扱いには注意してください。

記事をシェアしよう