枕カバーの洗濯頻度はどれくらい?落ちにくい頭皮臭の落とし方

えりか
まなつさんは枕カバー毎日洗っていますか?
まなつ
洗いたいのは山々だけど、毎日となると厳しいわね。それを言い出したら布団やシーツも気になっちゃうし。ただ旦那の加齢臭が気になってきて、枕カバーだけは洗う頻度を増やしてるわ。
かずみ店員
枕カバーは、頭皮や顔の皮脂、また寝ている間にかく汗をたくさん吸っています。下着を毎日洗うのと同様、毎日洗うのが基本ですよ。また頑固な臭いには浸け置き洗いが効果的です。

枕カバーの洗濯頻度

日本人の平均睡眠時間はおよそ7時間程度。一日の1/4から1/3程の時間を枕カバーと接していることになります。

あなたが枕カバーを最後に洗ったのはいつですか?

枕カバーは汚れの温床

「毎日頭をきれいに洗っているから…」なんて安心をしているそこのあなた!それは大きな勘違いです。

寝ている間、頭皮は皆さんが想像している以上にたくさん汗をかいています。それだけでなく、頭からは皮脂やフケもたくさん出ているのです。

枕カバーに触れるのは髪の毛だけではありません。寝返りをしたりうつぶせになったりすることで、顔にも毎日触れていますよね。顔は特に脂の分泌が多いとされています。

柄物のまくらだと汚れが目に見えにくく、また消臭剤などでごまかす習慣ができてしまうと、「1年以上も枕カバーを洗っていない」という方も多いようです。当然、ダニや雑菌の温床となり、ニキビや湿疹、それに頭皮トラブルによる薄毛の原因、また強烈な臭いにも繋がります。

枕カバーは毎日、最低でも2~3日に一回洗濯する

枕カバーは定期的に洗うようにすることが大切です。下着は毎日洗いますよね?それと同じです。

清潔な状態で眠りにつくためには、やはり枕カバーは毎日洗いたいところです。二つの枕カバーを交互に使いながら、毎日洗濯するのが賢い方法です。

まなつ
枕カバーを2つ用意するって発想はなかったわ。でも毎日洗濯するとなると、やっぱり厳しいわね。
かずみ店員
どんなに忙しくても、最低でも2~3日に一回の洗濯習慣をつけましょう。例えば枕カバーの上からタオルを巻き、それを毎日洗うという方法もおすすめです。枕カバーは下着と同じ。定期的な洗濯を心掛け、常に清潔に保つようにすることが大切です。

除菌スプレーだけでは気休めにしかならない

今の消臭・除菌スプレーは臭いを無臭化し、その原因菌を消滅させることができます。しかしそれにも限界があり、やはり清潔を保つには洗濯するのが一番。一日着用した下着に消臭スプレーをかけて次の日も着用することはありませんよね。

枕カバーについた頭皮の皮脂汚れ、また粘性を持ち合わせた加齢臭独特の油分は、除菌・消臭スプレーでは不十分なのです。

枕カバーの洗濯は「浸け置き洗い」がおすすめ

枕カバーは特別な素材でない限り、基本的に洗濯機で丸洗いすることができます。その際は洗濯表示をよくご覧の上洗濯してくださいね。また、臭いがどうしても…という場合や黄ばみ・シミ汚れが気になる場合は浸け置き洗いが適しています。

【手順】

  1. 洗濯桶などの水が張れる場所に、30℃~40℃のぬるま湯を張ります。
  2. そこに洗濯一回分の洗剤、そして酸素系漂白剤を入れます。
  3. 枕カバーを浸け置きします。30分~1時間程度そのまま放置しましょう。
  4. そのまま洗濯機に移し、普段通り洗濯するだけです。

普段の洗濯前のこのひと手間が、枕カバーの臭いを一掃してくれます。なお漂白剤を使用しますので色落ちには注意が必要です。枕カバーの端で一度試して、色落ちの確認をしましょう。

かずみ店員
枕カバーの洗濯を怠ることで枕そのものにまで臭いが浸透してしまうこともあります。枕カバーを洗濯しても臭いが全く改善しない場合は、枕自体の買い替え、洗濯・クリーニングの検討も必要です。

記事をシェアしよう