こたつ布団にコーヒーをこぼしてしまった!簡単にできるシミ抜き方法は?

えりか
もう最悪!旦那がこたつにコーヒーをこぼしちゃってシミになっちゃったわ。これだけのためにクリーニングに出すのもお金が勿体無いし、何か良い方法はないかしら?
まなつ
シミ抜きなら良い方法があるわよ。シミ部分にタオルを押し当てて、漂白剤を付けた綿棒か歯ブラシで叩けば落ちるの。
かずみ店員
そのやり方でも落ちますが、いきなり漂白剤を付けるとむしろ色落ちしてしまい、シミ跡とほとんど変わらなくなってしまいます。漂白剤は強力なので、こたつ布団の色素まで落としてしまいます。まず水で落ちるか試してから次に中性洗剤、最終手段で漂白剤を使いましょう。シミは付着したばかりであれば、水や中性洗剤でも落ちるんですよ。

シミ抜きはスピード命!簡単にできるシミ抜きテク

シミ抜きの基本は「スピード」です。まだ生地に汚れが染み付いていないため、洗剤を使わずとも水で叩き出すだけで汚れを落とすこともできます。もし、気付かないままシミになってしまったら、漂白剤で洗うことになり、特に柄物だと色が抜けてしまいます。

【用意するもの】

  • 綿棒or歯ブラシ
  • 中性洗剤(又は漂白剤)
  • タオル、雑巾

①シミ部分にタオルを当てる

シミは生地に染み込んだ瞬間が最も落ちやすいです。シミが付着した部分に乾いたタオルを押し当てます。

②裏側から湿らせた綿棒又は歯ブラシでたたき出す

生地の裏側から水で湿らせた綿棒で当てたタオルにうつるようにたたき出します。しかし、中には落ちにくいシミもあります。そうした時は中性洗剤を水で10倍に薄め、徐々に濃度を濃くしながら様子を見ましょう。さらに落ちにくい場合は、漂白剤を使用します。

たたき出す際は、シミの周りから円を描くように中央に向かって行います。シミは中心部が一番濃く、最初から中心部をたたくとシミが広がってしまいます。また中性洗剤や漂白剤は洗い残りがあると生地を傷めてしまいます。そのため、シミが抜けた後は水を付けた綿棒などでたたいてしっかり落としておきましょう。

③輪ジミを防止するためにシミ周りも湿らせる

シミ部分だけを濡らしておくと輪ジミになることもあるので、シミができた部分との境目がわからないように、シミ周りも軽く湿らせましょう。

④乾くまで放置

シミ抜きした部分は、水で濡れてしまいますが、早く乾かそうとドライヤーなどを使ってはいけません。濡れている状態は最も生地が痛みやすいため自然乾燥してください。

シミ抜き方法は全てものに共通

今回紹介したシミ抜き方法はこたつだけでなく、全てのシミに効果があります。ワイシャツやカーペット、洋服などの日常でシミが付きやすいものにも、試してみてください。しかし、シミが抜けても輪ジミになりやすいものもあるため、洗濯可能かまずは確認しましょう。

記事をシェアしよう