こたつ布団の洗濯は自宅派?クリーニング派?コインランドリー派?

えりか
こたつ布団を家の洗濯機で洗うのは難しいわよね。やっぱり、コインランドリーみたいな大きい洗濯機があるところか、クリーニング業者に出すしかないのかしら?
まなつ
自宅の洗濯機でも小さめのこたつ布団なら洗えるわよ。最近では自宅洗濯用のこたつも売っているみたい。でも私はクリーニング派かな。季節モノはできるだけクリーニングに出してきれいにしておきたいタイプ。最近は季節モノの衣類や布団を保管してくれる宅配クリーニングサービスもあるのよ。
かずみ店員
こたつ布団はクリーニングがおすすめです。価格にして、おおよそ3,000~4,000円ほどが相場でしょうか。コインランドリーで洗うだけなら、1,000~2,000円で済みますが、仕上がりは自宅で洗うことと大差ないため、おすすめはできません。

こたつの洗濯方法のおすすめは?

冬は毎日活躍するこたつですが、日頃から汚れが蓄積されその衛生面が気になります。見て見ぬふりをして、季節が過ぎ去ればそのまま来年まで押入れの中…という方も少なくないと思います。こたつの洗濯方法も人それぞれで、自宅派・クリーニング派・コインランドリー派の3つに分かれます。

【自宅派】面倒だけど一番安く済む!

お金を第一と考える場合、自宅で洗濯するのが一番安く済みます。しかしその分、手間も一番かかります。そもそも自宅で洗えるこたつはポリエステルを使ったものと限定されていて、それ以外は洗えなかったり、洗っても生地が傷んでしまいます。

またこたつ布団のサイズが大き過ぎると、洗濯機の中には収まらず、浴槽で洗わざるを得なくなります。干す際は、折りたたんだときに布団同士が重ならないように、大きいこたつ布団であれば、物干し竿を2本使ってM字型にして干します。

こたつ布団は分厚い分、干す時間も長く、一日中外に干しておくことになります。その間に外の埃が付着してしまったり、生乾きでニオイが強くなることもあります。理屈では分かっていても、実際うまくいかないことが多く、あまりおすすめできません。

【クリーニング派】値段がかかるけど手間が省けて仕上がり抜群!

こたつ布団を洗濯するときに、最もきれいに仕上げるならクリーニングに出すことでしょう。値段は相場にして3,000円~4,000円ほどですが、確実に汚れ・ニオイを落とすことができます。

また宅配クリーニングを使うことで、自宅までこたつ布団を取りに来てもらえるため、手間も省くことができます。

最近は宅配クリーニングの利用者が急増しており、こたつ布団をクリーニングに出すことが一般的になっています。マットレスや汚れが多いもの、ビーズクッションのものはクリーニングに出せないので、対応可能なものか先に確認しておきましょう。

【コインランドリー派】しっかり洗えるけどコスパは悪い

コインランドリーでこたつ布団を洗濯することで、サイズが大きくても大型洗濯機に入れることができ、その場で乾燥させることもできます。自宅で洗濯しない分、コインランドリーに持ち運びするだけなので手軽です。

しかし洗濯代と乾燥機代が合わせて、約2,000円近くかかってしまうため総合的なことを考えると宅配クリーニングに出してしっかり洗ってもらったほうがコスパは良いのでは?と感じますね。

またサイズが大きいものだと、手持ちで持って行くことが難しく、車で運ばなければいけません。コインランドリー派は必然的に車を持っている方限定になってしまうので、車を持っていない方や一人暮らしで金欠の方は選択肢から外れてしまいます。また洗濯と乾燥で約2時間以上の時間を必要とするため、私は宅配クリーニングを利用した方が効率的だと感じます。

また、コインランドリーは「大型の洗濯機がある」ということが売りなだけで、洗濯の仕上がりや洗浄力というのは、自宅で洗濯するのと変わりありません。

こたつを洗濯する場合はクリーニングに出すことがおすすめ

寒い時期にしか使わないようなこたつは、価格や手間を考えてもクリーニングに出して洗うことが効率的でしょう。自宅で洗ったり、コインランドリーに出したりと方法はありますが、仕上がりや手間で宅配クリーニングに劣ります。また羊毛は水洗いすると、傷んでしまいます。

クリーニングに出し、きれいに仕上がることで長期的に保管しても虫食いに遭う心配もありません。汚れや埃が少しでも付着しているだけで、虫食いのエサとなってしまします。こたつ布団を長く清潔に保管するためには宅配クリーニングに依頼するのが最も的確な方法と言えるでしょう。

記事をシェアしよう