ボールペンインクやマニキュアが洋服に付いたときの洗濯・落とし方

えりか
ポケットにボールペン入れたまま洗濯しちゃった!インクもこぼれて服も真っ黒…もう最悪だわ。
まなつ
インク汚れなら除光液がよく落ちるって聞いたことがあるわ。油性ボールペンのインクだと市販の洗剤ではいくら洗っても落ちないのよね。
かずみ店員
汚れの性質的に除光液は確かに相性が良いのですが、含まれている溶剤が強力過ぎるためクリーニング店としてはおすすめしていません。そこで私たちがいつも使っているのは「エタノール」です。エタノールは化粧品によく使われている刺激の少ないアルコール成分です。アルコールは除光液と違って繊維を解かさず油分を分解する力があり、かつお手頃の価格で手に入るため一般の家庭にもおすすめしています。

エタノールとインク染みの相性・効果

除光液はマニキュアなど水では落ちない油分のインクを使用しています。そのため洋服にインクが付いてしまったときも除光液が使えるのでは?と考える方も多いと思います。確かに落とすことができるのですが、除光液の成分は非常に強力で、繊維が溶かされて肌触りが悪くなったり最悪の場合穴が空いてしまいます。

そのため除光液よりも繊維を傷めにくいエタノールを私たちはおすすめしています。

かずみ店員
除光液にはアセトンという特殊な成分が含まれていて、溶解力が高く油性のものに効果抜群です。アセトンはシンナーと似た特性を持っており、インクに含まれるアクリルを溶かして汚れを落とします。

アルコールは繊維を溶かさない

除光液とエタノールではインク汚れを落とす方法が異なります。

エタノールに含まれているアルコールにも除光液と同じ効果がありますが、アセトンのように繊維を溶かすのではなく、インクに含まれている油分を分解する効果があるんです。そのため生地を傷めることなくインクを落とすことができます。

ボールペンシミの落とし方

①衣類を乾かす

油性汚れ・不溶性汚れの鉄則は「まず乾かす」ということです。インクが付いたときは焦ってすぐに洗いがちですが、特に一緒に洗ってしまったときは水分が衣類に残っており、まただいぶ奥まで浸透しているため乾いてからのほうが落としやすいのです。

②洗剤を作る

エタノールと台所用洗剤を1:1の分量で混ぜ合わせます。エタノールは市販の洗剤よりもアルコール濃度が高いためインクを落とすのに適しています。台所用洗剤と混ぜる理由は、エタノールで分解され浮いてきたインクをさらに落としやすくするためです。また台所用洗剤のほうが中性洗剤よりも油性のものを落とす効果が高く、かつ繊維を傷めません。

③洗剤を付ける

洗剤液を直接シミに付けると汚れが広がり輪ジミになってしまうため綿棒を用います。綿棒に漬け込み、シミ部分をトントンと叩いていきます。叩く範囲が広い場合は使い古した柔らかい歯ブラシで行いましょう。すると徐々にインクが浮いてくるので、不要なタオルを押し当てながら移していきます。

エタノールは衣類に付着すると気化してしまうので浸けおきはできません。そのため落ちないシミに対してはどんどん洗剤を付けた綿棒で叩いてください。

ある程度のシミが落とせたらぬるま湯ですすぎます。生地同士で擦らず指先でもむように洗い流し、再度洗濯し終了です。

色物や柄物のシミはクリーニングに依頼するのが確実

ここまでの行程は、衣類が色落ちしないものであることが前提です。繊維に優しいエタノールと言えども、色物や柄物であると色素が抜けて褪せてしまう可能性もあります。

プロでも行っている方法ですが、セルフメンテナンスには限界があります。またクリーニングではさらに洗浄効果の高い有機溶剤を使用するため、お気に入りの衣類や、高級獣毛などを使用したもの、しっかりとした仕上がりに戻したい方はクリーニングにお願いするのが確実です。

記事をシェアしよう