【クエン酸の効果】お掃除の強い味方!どんな汚れに向いてるの?

えりか
お掃除便利アイテムとして、TVや雑誌でクエン酸が取り上げられるのをよく見ます。クエン酸はそんなに効果が高いアイテムなのでしょうか。
かずみ店員
クエン酸は非常に便利であることに間違いはないのですが、全ての汚れに有効なわけではありません。クエン酸とはどんなものなのかをきちんと理解することで効果的に使用することが大切です。

お掃除に便利なクエン酸とは

クエン酸は、レモンを始めとする柑橘類や梅干しなどに多く含まれており、酸っぱさの原因である酸味成分の一つです。昔から「お掃除の強い味方」として知られているアイテムです。100円ショップやドラッグストアで手軽に手に入れることができます。

クエン酸のメリット・得意な汚れ

クエン酸はその名の通り「酸性」の性質を持つ成分です。つまり、酸性の反対であるアルカリ性の汚れを落とすのに優れています。

水垢汚れの除去

水道水にはカルシウムやマグネシウムといったミネラル分が含まれており、それが水酸化物として残ることで水垢汚れとなります。水酸化物は水に溶けることでアルカリ性を示しますので、水垢汚れはアルカリ性ということになります。

キッチン、洗面台といった水回りやお風呂掃除の水垢除去にはクエン酸の出番です。

トイレの消臭

アルカリ性の代表格としてよく知られているアンモニアはトイレの悪臭を作る原因成分の一つでもあります。

このアルカリ性の臭い汚れにもクエン酸が効果抜群です。

人体に無害な天然成分

クエン酸は柑橘類に含まれているだけではなく、加工食品の食品添加物として、また人間や動物の体内にも含まれる成分でもあります。

そのため基本的には人体に無害であり、漂白剤のような手荒れの心配もなく、小さなお子さんやペットを飼っているという家庭でも安心して使えます。もちろん天然成分ということもあり環境に優しいエコな一面も持っているのです。

お酢とは違って無臭

同じく酸性のお掃除便利アイテムとして有名な「お酢」もクエン酸と同じ働きが期待できます。しかし、クエン酸はお酢と違って無臭であり、あの鼻にツンとつく独特の匂いはありません。

お酢の匂いが苦手という人でも問題なく使用することができます。

クエン酸を使ったお掃除の注意点

クエン酸は「洗剤」ではない

クエン酸はあくまで身近で簡単に手に入れることができる「便利アイテム」に過ぎません。なんでも落とせる万能洗剤ではないため、水垢やアンモニアなどのアルカリ汚れ以外にはこれといった効果は期待できません。油汚れやタンパク質汚れ、カビ掃除などはクエン酸の守備範囲外です。

大理石・金属部には使用不可

大理石や石灰石を使っている場所は絶対にクエン酸でのお掃除は避けてください。大理石の主成分である炭酸カルシウムは、簡単に言うと水垢と似たような成分です。炭酸カルシウムがクエン酸によって水垢と同じ要領で溶かされてしまう恐れがあるということです。

また金属部にも注意が必要です。クエン酸は天然成分でエコといえど、「酸」であることに変わりはありません。金属部への使用により、サビの原因になる恐れがあります。

クエン酸と塩素系を混ぜてはいけない

同じく水回りで出番の多いカビキラーは塩素系の製品です。これら塩素系洗剤と「酸性」であるクエン酸を混ぜてしまうと人体に有毒なガスが発生する恐れがあります。

決して同じ場所で同時に併用することがないよう注意が必要です。それぞれお掃除後はしっかり洗い流すという心がけを忘れることのないようにしましょう。

クエン酸の使い方を理解し汚れに合ったお掃除をしましょう

「汚れ」といってもその種類、その落とし方は様々です。クエン酸も、漠然と「お掃除に便利なアイテム」という認識だけでなく、「どんな」汚れに「どのように」便利なのかを理解することが大切です。汚れの仕組みを理解することでお掃除・お洗濯というものはもっと楽しいものになると思いますよ。

記事をシェアしよう