主婦が実践!三角コーナーの悪臭対策を紹介します

まなつ
暖かくなってくるとキッチンの三角コーナーの臭いやコバエが気になり始めるわよね。生ゴミ用の消臭スプレーやお酢を使った臭い対策とか色々あるけど、効果がなかったりして毎年悩まされる人も多いと思います。今回は実際に私が行っている対策を紹介します。

悪臭の元となる三角コーナーの対処方法

夏場は特に臭いやすい生ゴミは少量でも悪臭、コバエなどの虫が発生しやすく主婦の悩みのひとつですよね。ディスポーザーなどの粉砕機が搭載されたシンクも人気ですが、これはマンションが主流で一般家庭では手軽に買えるような金額ではありません。

そもそも生ゴミは、シンクの三角コーナーに入れておくと常温で放置されることになります。水がかかり雑菌が繁殖し腐敗が進むことで悪臭を放ち始めます。シンクには三角コーナーのイメージがあると思いますが、今は「三角コーナーを使用しない」主婦が増えているんですよ。

使い捨て三角コーナーに替える

容器タイプの三角コーナーに水切りネットを使用していませんか?容器タイプは汚れが付着しやすく生ゴミを捨てても不衛生になりがちだったり、シンクの場所を狭くするので三角コーナー自体を撤去しましょう。

これは実際に私が主に冬場に使用している自立する水切りネットです。燃やしても有毒ガスが出ないため、調理後にまとめて燃やせるゴミに捨てるだけと容器よりはるかに衛生的です。最近ではこのように様々なタイプの自立する使い捨て三角コーナーの人気が出てきています。

新聞紙やチラシでゴミ入れを作る

夏場などは短時間でも生ゴミが臭いやすいですが、まだネットに入っているのが少量で捨てるにはもったいない時ってありますよね。そんな時は、いらない新聞紙やチラシなど長方形の紙で作れるクズ入れを作ると重宝します。

野菜の皮を剥く時は下に置いておくことで受け皿になるのでまとめる手間も省け、紙なので水分を吸収し臭いの発生を抑えます。そして何より経済的なのでその都度捨てても損にならないのが嬉しい点です。

まなつ
うちは子供も遊びの一環でクズ入れを作ってくれるから、場所もそんなにとらないしストックするようにしているわ。好きな大きさで作ることができるし、作り方もとても簡単で1分くらいでできちゃいます。

傷みやすい生ゴミは即冷凍する

時間が経つと臭ってきそうな生ゴミ(魚のワタなど)は、傷む前に袋に密封し即冷凍してしまうことも効果的な方法です。人によってはゴミを入れるのに抵抗がある方もいると思いますが、傷み自体を防止するので実は全く臭いが出ません。ゴミの日に忘れないように出すことだけ忘れないようにしましょう。

お酢のスプレーをかけておく、重曹を使用するなど実際に挑戦してみたものの、コバエが発生しストレスとなってしまいました。やはり雑菌を繁殖させない、腐らせないのが一番の悪臭対策です。ネットなど捨てたら置いてあったシンクにはキッチンハイターなどで除菌するとさらに効果的です。自分に合った方法で快適なキッチンにしてみてはいかがでしょうか?

記事をシェアしよう